2007年11月13日

11月12日物語V : 目が疲れました

昨日 ジョニーデップ主演の 「シークレット・ウィンドウ」
というDVDを観ました。
先日読んだ 「治療島」 と似ていて驚きました。
シークレット・ウインドウの原作はスティーヴン・キングです。

SECRET WINDOW.jpg


APPLE SEED.jpg

映画熱に火がついた息子が 続けて
「アップル・シード」 を借りてきました。
母はアップルパイを焼く合い間にちらちら観ました。
マトリックスみたいだなあと言ったら、
マトリックスがこっちを真似したんだよと息子が
言いました。

ダイハード4.jpg

映画熱に火がついた娘が 続けて
「ダイハード 4」 を借りてきました。
母はそれ、映画館で観たもーんと自慢しながらも、
さいしょだけさいしょだけと言いながらも、
全部観てしまいました。

本も読みました。
一年くらい前に男子にもらった 
「毒蟲 VS 溝鼠」 新堂冬樹著 を読みました。
毒蟲vs溝鼠.jpg

こんな恐ろしい本が無造作に一年間くらい
家の中に放置してあったのかと驚きました。
帯をみれば
「2006年 “有害図書No.1”」と書いてあるではありませんか。
息子や娘が読んでしまったかどうか
怖くて聞けませんでした。

この2日間、宿題や勉強はどうなったの?とも
恐ろしくて聞けませんでした。

最初にDVDを借りてきて
火をつけたのはこの母だったからです。

3本目の映画のときには
アップルパイと紅茶つきです。

いま冬休みとかだっけ? と聞くと
ふたりとも 元気よく 「うん!!」と答えました。
明るくてよいこたちです。
posted by tsukikohime at 00:46| Comment(18) | TrackBack(0) | さしすせそ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

11月7日物語V : 青い猫

新聞の書評を読んでネットで注文、購入。
洋画や洋楽は好きだけれど、
翻訳ものは翻訳者の恣意が
どんなにがんばってもありそうで
敬遠しがちです。
31908910.jpg


“翻訳者の恣意” のことなどすっかり
忘れさせてくれるほどのめり込める確証が
あるならば良いのですが。

で、これは後半3分の1あたりで入り込めました。
精神科医ラーレンツの12歳になる一人娘が
原因不明の病にかかってしまった。
どこのどんな科の医者にみせても、原因がわからない。
原因がわからないから治療方法も見つからない。
それでもあきらめず もうこれで22番目になる
病院に連れて行った先で、娘が行方不明になってしまう。

それが事件の発端で、とおもいきや
事件の発端は娘がもっと幼い頃、
ひょっとしたら、娘が生まれたときから、
いや、娘が生まれる前から、始まっていたのかもしれない。

おもしろくなってきたのは、
この父親、不思議なことに巻き込まれすぎて
頭がおかしくなってはいやしないかい?
というあたりからで。
で、いつからおかしくなってるのかなといえば、
娘が幼い頃、ひょっとしたら娘が生まれたときから
いや娘が生まれる前から?

どんでんどんでんで
いちばん頭がおかしいのは誰だーい、
ということになるのです。

読んでるわたしもおかしくなりかけました。

サイコもののミステリーはおもしろいです。
日本にはサイコもののミステリーが少ないんじゃないか?
と思いましたが、
考えてみれば、そもそもミステリーを
あまり読まないので
現状を知らないのでした。
posted by tsukikohime at 12:46| Comment(19) | TrackBack(0) | さしすせそ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

10月27日物語V : おぐりくんね!

今日空くんの高校の学年PTAに行ってきました。

空くんは某私立中高一貫校の高校一年生で、
陸上部でハイジャンをしてますが、
その陸上部の顧問でクラス担任でもある
○○先生が、
花盛りのなんとかの
おぐりなんとかの (わすれた)
ハイジャンの指導をしたんだそうです。

学年PTA前の食事会でお母様達がその話題で
盛り上がってました。

息子に聞くと、
おぐりなんとかなんて、おかあさんは知らないだろうと
思って話さなかったそうです。
そのとおりです。
でもいまは知ってます。
おぐりくんでしょ。


再読です。

あいきゅーが、68のしとのぶんしょーから
はじまるのわ よみずらいかったのです わたしわ

でも しじゅつであたまよくなったきたから
あいQが ふえて 
だんだんに よみやすくわなります

アルジャーノンに花束を 


アルジャーノンに花束を  ダニエル・キース著

この原文はいったいどういうことになっているのだろうか?
これを翻訳するのは至難の技だったのではないかと思います。

わたしの英語力では無理だとわかっているのに
買ってみたことがあります。
若気でいたりです。
もちろんすぐにギブアップです。

ついしん。どーかついでがあったらうらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやてください。

ラストの一行を読むまで泣くのをこらえました。
途中からこころはもうびしゃびしゃです。
さいごは濡れたぞうきんをしぼったように泣きます。

posted by tsukikohime at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | あいうえお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

10月26日物語V : 今日3回書いてるね


7月に本屋で宅建の基本書を立ち読みして
あまりにもおもしろそうだったので
購入してでも読みきるのに一ヶ月かかり、
わかった気になったわたしは8月に入って過去問を
やってみたもののほとんど解けず、
それから真剣に勉強を始め(ようとし)ました。


仕事を終わって家に帰るとすべき家事が目について、
休みの日もやっぱり家に居ると家事をしたくなってしまうので
勉強時間が取れないぞーとあせっておりましたところ
あるかたが
「自分の場合、家に帰ると勉強が出来ないので
会社帰りに必ず喫茶店に寄って2時間くらい勉強してから
帰った。 それを勧める。」
と言って、 
「長居してもテキストを開いても後ろめたくない
居心地の良い喫茶店」というものを教えてくれました。

さっそく仕事帰りに寄って、うん確かにここは勉強している
人々が多くて、長居しても後ろめたくないぞと感じたものですから
通うことに決めました。
何回か通ったある日のこと。
わたしのテーブルを指でとんとんと叩くものあり。
目をあげると、すーっと封筒を差し出されました。

やばっ。 店の人からのご注意だろうか。
しかしなにも封筒で。
と思い開いてみると。

は?

途中まで読んでその紙をテーブルの端に押しやり
勉強を続けました。
いま難解な問題を解いてる最中なのよ。
さっきの出来事はなかったことにして
勉強を続け、ふと気配を感じ目をあげると
さっきの初老の男性が向かいに座っているでは
ないですか。

「読んでいただけたでしょうか?」

黙ってテキストに目を移し、
勉強を始めると
ひとりで勝手に身の上話をはじめました。
それでも無視しているといったんは離れてくれましたが、
またしばらくするとわたしの目の前に座っているので、
わたしは店を出ました。


手紙の中身がちょっとおもしろく
帰って子供たちに見せようと思い持って帰りました。

そこにはさっきの男性の(たぶん)
住所、氏名、電話番号、生年月日、本籍地等が書かれ、
“結婚を前提に” お付き合いしたい云々と
書いてあったのです。

なにがおもしろかったのかというと、
すべての漢字にごていねいに ふりがなが
ついていたのです。

つきこさんは たしょう は かんじ よめます。


わたしはその店を教えてくれたひとに
「あの店、ひどいじゃないのよ〜!
ひとが真剣に勉強してるのに、ナンパされた」
と理不尽な文句をつけ、 彼に謝らせました。
ごめん、理不尽だった。


10月になり、勉強をする時間が取れず、
家にいてはつい家事ばかりしてしまうわたしは
洗濯物や茶碗や炊飯器のない世界で一泊ぶん勉強をしまくろうと、
・・だって試験一週間前の模試で予想合格点よりも8点も
低くあせりまくっていた・・
こどもたちのりょーかいを得てホテルに泊まることにしました。

勉強しまくりしまくりさすがにお腹がすいて、
ホテルのレストランに行きそこでもテキストを
開いていると、
「おじょーさん、おひとりならご一緒に
お食事しませんか」 
と初老の男性が。
勉強しまくりで頭が朦朧としていて反応が遅かったわたしの
態度を “了承を得た” と思ったのか彼は座り込みました。

そして、ほとんどずーっとひとりで、
いまは退職して
こんな会社をやっているとか、 趣味はなんだとか、
10年前に妻と別れて いま新しく妻になってくれる人
を探しているとか、 
しまいには “結婚を前提にうんぬん” と
名刺をおいて去っていきました。


わたしはきづきました。
最近、お声をかけてくる男性の年齢層がぐーっと
あがっていることに。
それも“結婚を前提に” というよりも
“介護を前提に” というくらい、ぐーっと
あがっていることに。

わたしは勉強のしすぎで
かなり老け込んでしまったのですね。

というか、実年齢も、イッチャッてますが。

いちおうつきこさんはマダ既婚者。




posted by tsukikohime at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ん・・こぼれごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月26日物語V : なにから2

崩れそうな山から
崩れないように一冊抜き出してみました。

怖がっていてはいつまでも読み出せない。
なんでもいい、読んでみよう。

しかしそれはまったく記憶にない本。
買った覚えないです。
誰かにもらった本だったか?

新井素子 ハッピー・バースディ

読んでみた。
自分で手に入れようとして手に
入れた本ではないことを確信。

リハビリもちゃんとしたリハビリをしなきゃ。
接骨院に行くべきところ整骨院に行ってしまったような
気分です。

なんでもいいってことはないんですね。
本離れしていたわたしには
今回、これはピンとこなかったです。

なに読もう。

でもね、うふふ。

二日前に大量のCDと本をネットで注文したんですよ。
ふふ。

マイケミのDVDとか、T−BOLANのCDとかね、
ふふふっ。 
オフスプリングのCDもね。 ふふふふっ。
もちろん本もふふね。 
新聞でみて、読んでみたいなーとふふ思ってたのをね、
ふふ注文したの。 うふっ。

「うふっ、うふふふふふっ・・・・・」
       ↑
新井素子の「ハッピーバースディ」のラストの一行のセリフ。



posted by tsukikohime at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | あいうえお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月26日物語V : なにから

さて、なにから読んだらよいのか
混乱気味のつきこさんです。

家にはけっこう未読の本が山積みされており、
大地震がこないことを祈っておりますが、
どういうわけか、どれも手を出す勇気というか
判断力というものが。
選ぶのが怖い。
選ぶのが怖いって、わかります?
本を読む方ならきっとわかってもらえるでしょう。


仕方ないので高1の息子の部屋に入ると
カヴァーがかかった新書らしきもの。
めくってみると、
ああ、これは昨年の夏休みの課題
「なんでもいいから新書から一冊選んで
感想文を書け」 というやつ。

本当になんでもいいと思ったのでしょう。
タイトルは「頭がいい人、悪い人の話し方」
PHP新書 樋口裕一著


息子のベッドに居座りぱらぱら読んでみたけれど
10分も読めませんでした。

まったくおもしろくもなんともなく
「なんでこんなもん買ったのよー?」

「新書のコーナーの一番手前のところに山積みされてたから」

「おもしろくないじゃないよー」

「だろ?」

って。

あーあ、なに読もう。


posted by tsukikohime at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ん・・こぼれごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

10月23日物語V : 宅建でした

10月21日の日曜日、試験を受けてきました。
この3ヶ月ほどのあいだ、
友人知人隣人愛人変人恋人成人たちにつれない態度で
(でも5回くらいは飲みに行ったじゃないよー、
ゆるして)
基本書と過去問集で自宅でがんばってみました。

50点満点中、7割は取れるように目標を置かなくては
合格できないということになっているのですが、
わたしはひじょーに微妙な点を取ってしまいました。

34点です。
ちなみに、H18年の合格点が34点、
H17年の合格点が33点、
H16年の合格点が32点、
H15年の合格点が35点だったそうです。
今年の予想は 35±1 なんですって。

受かってるとも落ちてるとも判断がつかない点を
取ってしまいました。
ひじょーに微妙。
微妙だー!!

しかし4ヶ月前まで宅建のたの字も関心がなかった
わたしにとっては、
びみょーなところまでたどり着けたことが
ひじょーに嬉しいです。

そして、勉強は辛かったけど
ものすごくおもしろかったです。
勉強時間を生みだすのがなかなか難しかったため、
夢の中に問題が出てくると、
わぁい ラッキー!!と思い、解きました。
夢の中でもちゃんと問題集が出てきて
ページをめくって本当に考えて解くことができるのって
不思議です。
ただ、夢の中では回答集が出てこないため
目覚めてから回答集をめくって正解を探そうとします。
しかし、そのときには夢の記憶はあやふやになり
結局正解がわからなかったりするわけです。
あはは・・。

落ちたら来年は学校に行こうと(最初のころは
来年受けるかどうかあまり乗り気じゃなかったくせに)
思ったりしたこともありましたが、
ここまできたら
来年もどうにか自力でがんばってみます。

根をつめて勉強していると、あるとき突然 
「おもしろい」
がやってくるもんですね。

なんか癖になってしまいそうです。
他の国試も受けてみたくなってしまいました。

でも小説が読めなかったなあ。

世間では、素晴らしい素晴らしい本が
何冊も何十冊も何百何千と店頭に並べられていたのに
違いない。

本はきっとわたしを待っていてくれている。
待たせてごめんね。
posted by tsukikohime at 01:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ん・・こぼれごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

9月6日物語V : ちゃりんこで太宰

長かった夏休みも終り、台風の季節がやってまいりました。
長かった・・。

夏休み最後の一週間になって中2の海ちゃんが
めんどーな宿題をふたつも思い出しました。
ひとつは国語の読書感想文。
もうひとつは地理の宿題で、
どこでもいいからどっか地理っぽい調べ物して
レポート提出(手描きの地図、及び写真付き)。

ど〜しよう、おかあさん
って、やるっきゃないでしょ。

読書感想文は数ある推薦図書の中から
太宰治人間失格

なぜかというと、 今年の集英社文庫の人間失格の表紙の絵が、デスノート小畑健だったから。
それだけの理由です。
りっぱな理由です。



地理の方はというと、三鷹市にしました。
なぜかというと、近いからです。
時間がありません。

そして、三鷹といえば太宰治の足跡だらけ。
レポートのタイトルは三鷹市の太宰の足跡

ひじょうに安易ですが、時間がありません。
海ちゃんとちゃりんこで出発です。

半日くらいで済んでしまいました。
太宰さんは三鷹市内のひじょーに狭い範囲でしか行動して
いなかったみたいです。
ありがたいことです。

DSC01465.JPG妻や子らと住んでいたところも三鷹市ですが、
太宰治が通いつめた小料理屋で2階を仕事部屋としても
使っていた千草という店の
跡も駅から徒歩1分の場所。


k;その斜め前に太宰と心中した山崎富栄が借りていた部屋があった
野川家(現在は葬儀社の寮だそう)があり、


その北側に玉川上水が流れ、ふたりが入水した場所も
駅から徒歩5分ほど。

 
DSC01459.JPG入水したすぐそばに玉鹿石という
大きな石が置いてあり、それは太宰を偲ぶために
太宰の故郷青森県金木町山から持ってきたものだそうだ。

また駅から西に3分ほど行くと、仕事部屋として一時借りていた
中鉢家の跡があります。

みんなビルになってしまって昔を偲ぶというわけには
いかなかったのですが、ひとつ偲べそうな場所がありました。

三鷹駅から徒歩10分 −ここが一番遠いのですがー
太宰が眠る禅林時です。

DSC01475.JPG憧れの森鴎外と同じ寺がいい
と生前語ってたそうで、確かに斜め前に森鴎外(森林太郎)の
お墓もありました。
8月の末、森さんのお墓はちょっと荒れた感じでしたが、
太宰治の墓所には、缶ビール(半分くらい中身が残ってる感じ)
と、お線香の変わりに煙草が数本置いてあり、
2,3日内に誰かが参りに来たのだなという新しさでした。
缶ビールに煙草。
ほほー。


さて、 「人間失格」は、わたしも読みました。
ある男の手記をある小説家がひょんなことから手に入れたという
ことになっていて、ほとんど本文はその手記なのですが、
自伝的小説と言われているように、そのある男っていうのが
どうも太宰自身のようです。
とことん嫌な奴に書いてあります。
そしてとことん嫌な奴なのに、そんな自分が
けっこう好きなんだろうなあと感じます。
情けない嫌ったらしい奴なのに、
女にはけっこうモテちゃう、いやーまいったなという・・
・・
「人間失格」を読んで感動して泣く人も居るというのに、
昔は読んで自殺をした若者が居たらしいというのに。
自分の読み方に太く強く生きてきた我が人生を
思いました(現在なお進行中)。


暑かったね、なつ。



posted by tsukikohime at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | たちつてと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

8月20日物語V : というわけなの





↑ サンタナ、 ね。

本屋さんでいつもと違うコーナー、資格・試験のコーナーに行って
手に取ってしまったのは、よく耳にするある資格の本。
開いてみたらけっこうおもしろくて。
それが7月1日のことでした。
試験申し込みの期日が7月の末だったので、
もしかしてイケルかもと思いとりあえず願書を出しました。
小説はほとんど読まず
ちょうど一ヶ月かかってその資格本を読みきり、
わたしはイケルかもと思っていたのに
まわりの人たちからは無理無理無理無理、
独学で3ヶ月の勉強では
無理無理無理無理と言われ。
そんなこと言ったって
初めて学習する人向きに短期間で合格を約束してくる
学校なんてないみたいだし。
どこも締め切っているか、
高いお金出して毎日のように通うところ位しかなくて。

無理無理無理無理って4回も続けて言うこと
ないじゃないよー、みんなぁぁ。

もうこうなったらやるだけやるわよ。
過去問集も買って
8月の1日から取り掛かり、
あ、こりゃあ、ホントに無理かもと気付きました。
甘かった。 ごめんなさい。
読み物として読んでるときはおもしろかったのに、
過去問はほとんど解けません。
読んで納得しただけでは解けないのですね。
10月の半ば過ぎに試験があります。
あ、バレた? 
無謀さがお恥ずかしいわ。

それまで小説が読めないかなあ・・。
来年もこんなことやりたくないなあ。
今年中に受かってしまいたいなあ。
落ちたら来年もトライするかなあ。
どうかなあ。
知識としてはおもしろいけど
その資格を使って仕事したいとは
思ったこともないのに。
止めることができないこの性格が恨めしいわ。

乗船してしまった。
さっさと港にでも島にでも着いておくれ。
そしたら鞄から本を出して読もう。

夏はサンタナっしょ! 

えーん。

試験前までにもたまに書きます。 
本のことじゃないだろうけど。

えーん。 つきこさんのばかあ。






posted by tsukikohime at 01:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ん・・こぼれごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

7月15日物語V : やっぱ色気でしょ



arcic monkeys  




my chemical romance  




bon jovi  


と、3枚のCDをいっぺんに手に入れて
3枚連続で聞けるCDチェンジャーで一日エンドレスで
かけっぱなしにしていて家事の合い間合い間に
耳に入れてますと、
初日などは、はていまかかっているこの曲はボンジョビか?
マイケミカルロマンスか?アークティックモンキーズか?
と、混乱することがありました。

そりゃー、声質がちょっと似てたり、音がちょっと似てたり
するわけで、落ち着いて耳を傾ければ、
エンドレス3日めには、
ひゃあ、申し訳ない、混同したりして! とそれぞれの
ミュージシャンに頭を下げるつきこさんでした。
いやあ、つきこさんとしたことが
あいすまぬ、と思ったわけです。

好きなタイプのサウンドをみっつも手に入れて
至福な思いをしていましたが、
ボンジョビボンジョビボンジョビマイケミマイケミマイケミ
アークティックアークティックアーックティックというふうに
かかってくれないもんだろうかと勝手なことを思うのでした。

やっぱり一番音も声もいろっぽいのはマイケミかな!と
なんでも色気で決めるつきこさんなのでした。

そうよ。 なんでも色気で決めるの。
野菜を買うときも。 牛乳を買うときも、 
蜂蜜を買うときも、 ハムやチーズも。
まあ! いろっぽいピーマン!
まあ! ぐっとくるコーヒーカップ!
まあ! ぞくぞくするお茶漬けの素だこと!
まあ! そそられちゃう日傘だわー!

 
どこまでどうなんだかわたしのはなしは。
  
posted by tsukikohime at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ん・・こぼれごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。